ラーメンなどを食べることを控えています

血圧のことを思うと、やっぱり一番大切なのはなんといっても食事と思っています。その食事について工夫をしているものの、不十分と思うことがありました。ほかの人が見た時に、それはいけないと思うことがあったのです。そのいけないと思うことは、ラーメンなどのスープを飲むことについてです。麺類が大好きなので、つい、うどんやラーメン類を食べることが多くなっていました。ところがその時に、好きなのでやっぱりそのスープまでも飲んでしまうんですね。そのことをやめるべきと、指摘を受けたのです。

私はそのことについて、大丈夫だろうと気軽に考えているところがあったんですね。しかしやっぱり麺類を食べることについて、控えることにしました。実は麺類というのは、私もよく知らなかったのですが、その麺自体にとても塩分が含まれているようなのです。そのため、麺も注意が必要だしスープもたっぷりの塩分が含まれているので危険ということになります。

そこできっぱりと、麺類を食べることをやめています。すると、以前のようにとても喉が渇くことが少なくなりました。血圧を高くしないためにも、少しづつ食について嗜好を考えて変えて行くことが大切だと思っています。

年齢を増すことになりやすくなる

高血圧というのは血圧が正常じゃない状態のことを指していて、発症してしまう原因は色々とあり、中高年層に多いですが、最近では若年層の間でもあったりするので注意しないといけなくなります。そもそも高血圧は年齢を増すことにおきる動脈硬化とか血管年齢の高齢化によっておきることが多く、病院によっても対応は異なったりしておりますが、降圧剤をつかった治療が多くなっています。

一部の中高年層では高血圧ではない方もいますが、これは遺伝によるものとか日頃の健康管理ができているかによってになります。高血圧は放置しておくのは大変危険であるので健康診断とか人間ドックとかで高血圧の判定を受けている方とかはしっかりとした対策が必要となります。自分も一時的に高血圧の診断を受けていたことがありますが、自分の場合は精神亭なストレスとか不規則な仕事時間などによる一時的な自律神経の乱れからきているものであり、医師の指示通りに動いて結果、見事に改善ができております。

高血圧になってしまうのは何かしらの原因があったりするためネガティブな気持ちにならずに諦めずにしっかりと対策方法を見つけ出すのが大切となっています。最初にも言いましたが年齢を増すごとに高血圧のリスクは高まりますが、最近では若年層の間でも高血圧があったりするので気をつけるようにお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする