どんな状態であるのか

高血圧とはどのような状態であるのか、といいますと名前の通り、血圧が高目になる、ということです。但し、運動をした後とか興奮をしている状態とかそういうのは除いています。つまりは、安静状態での血圧が慢性的に正常値よりも高い場合を高血圧、といいます。血圧が高いということになりますと血管に常に負担がかかってしまうという状況になりますので血管の内側が傷ついたりするということになり動脈硬化が起こりやすくなります。

ですから、高血圧から動脈硬化になって死に至るというパターンが多いのはそういうことが理由であると言えるわけです。一時的であったり少しばかり高血圧になったからといって即死するというわけではないのですが、さすがに高知はしない方が良いことになります。様々な病気のリスクにもなりますし、気だるい状態になったりするということもあるわけですから解消できるのであれ解消するべき状態であるというのは間違いないです。

食生活を見直したり、運動をすることによって正常な値にするということを目指せるようにはなっています。しかし、さすがに老化が原因ですと難しいことも多いです。その場合は抑える、と言う程度が限界となることでしょう。

日本人は高血圧になりやすいことがあります

日本人は極めて高血圧になりやすいと言える遺伝子を持っていると言われています。高血圧になりやすい体質というのは塩分感受性とかカルシウムの調節機能がそんなに高くないということがあったりするから起きるわけです。尊属にそういう人が一人でもいる場合は自分も受け継いでいる可能性というのがあるわけですから、これは日本人の場合ほとんど受け継いでいると認識しておいた方が良いでしょう。

さて高血圧なのですが、基本的にはなんといっても塩が問題になります。今では多少摂取している塩分というのはそこまで関係がないのではという人もいるのですがやはり塩が日本人の場合は取りすぎているということがありますのでその点を注意しておくと少しは高血圧であることを避けられるようになる場合があります。

また、ストレスを受けることによって、血圧が一時的ではありますが上昇するということがあります。つまりは慢性的にストレスが溜まっている人というのは慢性的に血圧が高くなりがちであるということになりますので、その点を注意しておきましょう。ストレスに対抗するための防御反応でもあるのですから、仕方ない側面もあるのですがストレス解消などのことも高血圧な人には必要になる部分になるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする